忍者ブログ

コスプレ ハロウィン Big Hero 6を口コミ比較

社会そのほか速

時速260キロに興奮 「W7系」一般試乗会

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

時速260キロに興奮 「W7系」一般試乗会

時速260キロに興奮 「W7系」一般試乗会 

振動少なく設備も好評

 

  3月14日の北陸新幹線金沢開業を前に、新型車両「W7系」の一般試乗会が7日、金沢―長野間(228キロ)で始まった。8日まで計4往復し、倍率77倍の抽選で選ばれた計2800人が乗車する。初日は約1400人が最高時速260キロを体感し、車窓から日本海や立山連峰などの雄大な自然を満喫。充実した車内設備などの評価も高く、参加者は一様に興奮気味だった。

  • 新型車両W7系に乗り込む親子連れ(7日午前9時51分、JR金沢駅で)=いすれも写真は細野登撮影
  • 車内から笑顔で手を振る親子連れ
  •   7日は、JR金沢駅から午前10時10分発、長野駅から同10時42分発でいずれもW7系が両駅間を往復。富山駅でのみ1分間停車した。

      このうち、長野駅を出発した便は正午前に金沢駅に到着。折り返して出発するまでの約30分間に、ホームの柱を彩る金箔(きんぱく)や九谷焼、輪島塗などの伝統工芸品が並ぶ中2階の待合室を観賞した。東京都江東区、会社員吉田瑛子さん(32)は「工芸品がきれいに飾られ、おしゃれな駅。もっとゆっくり見たかった」と開業後の再訪に期待した。

      長野で折り返して金沢に戻った地元参加者らは、長野までが一気に近くなったことを実感した様子だった。金沢市戸板、上田豊さん(46)は「信じられないほど早かった。開業後は、仮眠をとって寝過ごさないようにしないと」と話していた。

      富山市西荒屋、公務員永田賢治さん(41)は「ぐんぐん加速するスピード感がすごかった。(最高時速の)260キロが車内アナウンスで流れた時は気分が盛り上がった」と振り返った。

      この日は好天に恵まれ、車窓からの眺望も良かったことから、家族で参加した福井市大宮、会社員本広雅之さん(47)は「真っ白に輝く立山連峰と、真っ青な日本海や空とのコントラストがすごくきれいだった。もうすぐ東京に転勤するが、北陸が日帰り圏内になるのでまた来たい」と感慨深げだった。

      振動の少なさや全座席に備えられたコンセントなどの機能性の高さも好評で、本広さんの妻直子さん(36)は「荷物棚の上にミラーを付けて忘れ物がないかチェックできる点など、細部まで気が利いていた。座席の間隔が広くて、子供を膝に乗せても狭く感じなかった」と喜んでいた。

      鉄道愛好家らでつくる「金沢鉄道模型倶楽部」に所属する野々市市若松町、高校2年村上知行さん(17)は「N700系などいろいろな新幹線に乗ったけれど、W7系が一番良かった。在来線でなくなる電車の寂しさもあるが、春から新しく走る電車もあり、楽しみ」と興奮した様子だった。

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R