忍者ブログ

コスプレ ハロウィン Big Hero 6を口コミ比較

社会そのほか速

ニホンザルご当地あいさつ…京大グループが発表

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

ニホンザルご当地あいさつ…京大グループが発表

 野生のニホンザルが交わすあいさつ行動に地域差があることがわかったと、京都大の中川尚史准教授らの研究グループが10日、発表した。人間でも国や地域によって様々なあいさつの仕方があるのと同様に、群れや地域ごとに定着した「文化」の一種ではないかとしている。米シカゴ大が出版する学術誌「カレント・アンソロポロジー」電子版に論文が掲載された。

  中川准教授によると、宮城県・金華山島と鹿児島県・屋久島のニホンザルは、主に大人の雌同士が出会うと向かい合って座り、互いの腕を相手の体に回す。

  この際、金華山島のサルは必ず対面で抱き合い、相手の体を前後に大きく揺さぶる。ところが、屋久島のサルは相手の側面や背中からも抱きつき、相手を揺さぶることはなかった。また、抱擁しながら手のひらを開いたり閉じたりするという特徴もあり、抱擁の時間は金華山島のサルより短い傾向があった。

  抱き合ってあいさつするような行動は青森県・下北半島や石川県・白山のニホンザルにも見られたが、京都市の嵐山や岡山県・勝山、大分県・高崎山などでは観察されなかった。

  ニホンザルではこれまで、餌の芋を海水で洗うといった食べ物に関する振る舞いが、文化的な行動として研究されてきた。チンパンジーでは毛繕いなど、食べ物とは無関係な社会行動に地域差があることは知られていたが、ニホンザルで確認されたのは初めてという。

  中川准教授は「地域ごとに始まって広がり、定着したと考えられる。仲の良くない雌同士がけんかしそうな時などによく見られるので、こうした行動によって互いの緊張感を解き、トラブルを回避しているとすれば、極めて文化的な行動と言える」と話す。

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R