忍者ブログ

コスプレ ハロウィン Big Hero 6を口コミ比較

社会そのほか速

翁長氏、辺野古断念狙う…反対派応援に自民苦戦

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

翁長氏、辺野古断念狙う…反対派応援に自民苦戦

翁長氏、辺野古断念狙う…反対派応援に自民苦戦 11月の沖縄県知事選で初当選した翁長雄志(おながたけし)・前那覇市長が10日、知事に就任した。

  翁長氏は沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設に反対しており、衆院選でも県内の非自民候補の支援に回っている。移設の早期実現を訴える自民党は、苦戦を強いられている。

  「美しい湾を埋め立てて辺野古の基地を造るのはやめてもらいたい」

  翁長氏は10日の就任記者会見で、改めて移設反対を主張した。仲井真弘多(ひろかず)前知事が行った移設先の埋め立て承認については、専門家に検証させる方針で、「法律的な瑕疵(かし)があると取り消しが視野に入ってくる」と述べた。

  当面、焦点となるのが、沖縄防衛局が県に提出した埋め立て関連工事の変更申請だ。3件のうち2件は承認済みだが、土砂の運搬方法を変更する残り1件の判断は翁長氏に委ねられている。翁長氏は会見で「しっかり検証したい」と述べた。

  翁長氏は、衆院選で県内の移設反対派を勝利させ、政府を移設断念に追い込む戦略を描く。県内4選挙区の候補者は、共産党、社民党、生活の党、無所属とバラバラだが、「反辺野古」で連携している。

  翁長氏は10日の会見などを終えると、早速、沖縄1区の共産党候補の応援で街頭に立ち、「(保革共闘という)この枠組みで基地問題が解決できるようにお力添えを」と声を張り上げた。翁長氏と並んだ共産党の志位委員長も「新知事はあらゆる手法で新基地建設を止めると表明している。支える国会議員が必要だ」と共闘をアピールした。

  一方、政府・与党は移設計画を粛々と進める構えだ。知事選では、自民党推薦の仲井真氏が大差で敗れただけに、衆院選で勝ち、「『移設反対』の流れを変えたい」(党幹部)ところだ。

  しかし、読売新聞社の序盤情勢調査では、自民党候補は苦戦している。県内4選挙区中、2選挙区は移設反対の候補に差を付けられ、残り2選挙区も接戦となっている。非自民候補の勝利が相次げば、翁長氏が移設反対の姿勢をより強めるのは必至だ。選挙結果によっては移設計画がずれ込み、移設の早期実現を掲げる政府・与党は苦しい立場に置かれるおそれがある。

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R