忍者ブログ

コスプレ ハロウィン Big Hero 6を口コミ比較

社会そのほか速

独機墜落、当日「勤務不可」=家宅捜索で診断書押収―抑うつ症状で受診か・副操縦士

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

独機墜落、当日「勤務不可」=家宅捜索で診断書押収―抑うつ症状で受診か・副操縦士

 独機墜落、当日「勤務不可」=家宅捜索で診断書押収―抑うつ症状で受診か・副操縦士

 

  【ベルリン時事】ドイツ西部デュッセルドルフの検察は27日、独旅客機を意図的にフランス南東部のアルプス山中に墜落させたとみられるアンドレアス・ルビッツ副操縦士(27)の関係先を捜索した結果、病気のため、墜落日の勤務は不可能とする内容の診断書が見つかったと発表した。病名には言及しなかったが、深刻な心身の状態にありながら、操縦に当たっていたことが判明した。

  南ドイツ新聞は、診断書は精神科医によって発行されたもようだと報道した。独紙ビルトは副操縦士が抑うつ症状のため、最近も医師のサポートを定期的に受けていたと指摘。恋人との関係で悩んでいた可能性も伝えており、動機も徐々に浮かび上がってきている。

  独捜査当局は26日、西部モンタバウアーやデュッセルドルフの関係先で捜索に着手。副操縦士の病状や通院の事実を示す書類のほか、破られた状態の診断書が押収された。検察は声明で「副操縦士が病気について勤務先に隠していたと考えられる」と述べた。

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R