忍者ブログ

コスプレ ハロウィン Big Hero 6を口コミ比較

社会そのほか速

MONCLER S >元寇船2隻目と断定 長崎沖、船内に中国産陶磁器

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

MONCLER S >元寇船2隻目と断定 長崎沖、船内に中国産陶磁器

MONCLER S元寇船2隻目と断定 長崎沖、船内に中国産陶磁器 朝日新聞デジタル7月2日(木)19時9分配信 元寇船の船首から一つめの隔壁内=長崎県松浦市沖、琉球大法文学部考古学研究室・市教委提供  長崎県松浦市の鷹島沖の海底で、13世紀の鎌倉時代に九州を襲った元寇(げんこう)の遺跡を調査していた琉球大と市教委の研究チームは2日、昨秋見つかった木造沈没船を2隻目の元寇船と断定したと発表した。船の構造や船内や周辺で12~13世紀の中国産陶磁器が確認されたことなどを理由に挙げた。【動画】元寇船と確認された長崎県松浦市沖の沈没船=琉球大・松浦市教委提供 沈没船が見つかったのは鷹島南岸の沖合約200メートル、水深約15メートルの地点。発表によると、調査で確認できたのは長さ約12メートル、最大幅約3メートル。南側が船首とみられ、中央付近の幅が最大となっている。内部が板材(隔壁)で9カ所仕切られ、一部にはバラスト材とみられる石材が積まれていた。 船底の背骨のように伸びる部材(竜骨=キール)は確認されていないが、海底に埋もれていると推測され、船は全長約20メートル、幅6~7メートルと想定される。2011年に付近で確認された1隻目の沈没船よりはやや小型とみている。船内や周辺からは20点ほどの白磁碗(わん)や褐釉(かつゆう)陶器壺(つぼ)、瓦、鉄器などが見つかった。 朝日新聞社【関連記事】 長崎沖で沈没船を発見 元寇船2隻目か「保存状態良い」 お酒100本、海底で熟成 6カ月後に引き揚げ 海底の文化遺産を探せ 音波や磁気活用、データ集め解析 弥生前期の水田跡や墓、足跡見つかる 大阪の安満遺跡 IS、イスラム教学者の墓を爆破 スパイ処刑映像も公開モンクレール Tシャツ レディース
PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R