忍者ブログ

コスプレ ハロウィン Big Hero 6を口コミ比較

社会そのほか速

「5度目のモンクレール 2015 カタログ正直」でプロ入りした巨人・高木勇人のアマチュア奮闘記

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

「5度目のモンクレール 2015 カタログ正直」でプロ入りした巨人・高木勇人のアマチュア奮闘記

「5度目のモンクレール 2015 カタログ正直」でプロ入りした巨人・高木勇人のアマチュア奮闘記 

 オールスターゲームに監督推薦で選出された高木勇人。ドラフト直前に評価を上げて巨人に3位指名されたが、先発としてここまで活躍するとは考えられていなかった。課題を克服し、「5度目の正直」でプロ入りした高木のアマチュア時代の奮闘記を振り返る。

昨年の都市対抗予選で完封勝利

 高木勇人が昨年まで所属していた社会人野球・三菱重工名古屋。都市対抗予選の序盤はなかなか波に乗れなかったが、最後の第6代表になんとか滑り込み、本大会出場権を獲得した。

 高卒で入社して7年プレーしたこともあり、チーム内での信頼と存在感は絶大だった

 予選が行われているとき、三菱重工名古屋のある選手に、こんなことを聞いてみた。高木がプロで活躍していることで、チーム内に盛り上がりが生まれたかどうか、と。

 それに対する答えは、「あまりないですね。それよりも、高木と中根さん(慎一郎/昨年限りで退部)がいなくなったので、投手陣が大変で……」と、むしろ高木の抜けた穴の大きさを嘆いていた。

 昨年の都市対抗予選で高木は大仕事をやってのけた。残された最後の代表枠を懸けての決定戦で、ヤマハを完封。140キロ台後半のストレートで押し、勝負どころではスライダーをコースへ決めて三振を奪った。投げっぷりがよく気合十分の見事なピッチング。大事な試合でも勝ったことにより、スカウトの間でも「高木モンクレール ポロシャツをプロで」との空気が一層強くなった。

モンクレール ハワイ 価格

期待のドラフト候補は、チームでは地味な役割

 しかし、それまでは、あまり高木が大活躍したという印象がない。というのも、三菱重工名古屋の先発はベテラン左腕の中根慎一郎と、過去に中日でプレーしていた菊地正法、さらにアンダースローの水野鉄男が担っていたからだ。

 前述した昨年の完封劇も、最後の最後で大会初先発を務めたもので、普段は主にリリーフ役。150キロを投げるというのは有名だったが、役割的には地味だった。しかも菊地などは、ほとんど一人で投げ抜いてしまうから、高木に出番はなし。高木を見に来たスカウトも”空振り”に終わり、その日は高木を見られずじまいで帰る羽目になるから、「菊地がいらんことをして……」という冗談も聞かれたものだ。

 また昨年、東海地区社会人野球ではシーズン開始後、しばらくは守屋功輝(Honda鈴鹿~阪神4位)のほうが高木より評価が高かった。年齢が高い高木には、「投手不足の球団が急場しのぎに獲得する程度では」という冷ややかな見方もあった。

 日に日に評価を上げ、ドラフト間際に上位候補まで浮上したわけだが、それでもプロでは中継ぎ起用が想像される程度。「月間MVP獲得」や「新人でオールスターゲームに出場」モンクレール Tシャツ 2015といった大活躍は、誰も予想できなかったと言ってもいいのではないだろうか。

 オールスターゲーム出場が決まり、「小さいときからテレビで見てきた舞台。自分らしいピッチングがしたい」とコメントを残した

2010年に初取材、しかしその後は……

 150キロの球をもっていても、リリーフでいくらか投げるだけにとどまり、試合を決定づけるプレーが頻繁にあるわけではなかったため、筆者もあまり高木と直接話す機会がなかった。しかし5年前、一度だけ試合を終えた直後の高木をつかまえ、簡単に話を聞いたことがある。2010年春のことで、東北福祉大とのオープン戦の試合後だ。

 この年は、高木が三菱重工名古屋に所属して3年目。高校から社会人野球入りした高木にとって、高校3年時を最初のドラフト対象年とするなら、この年はモンクレール アウトレット メンズ2度目の”ドラフトイヤー”だった。

 プロ入りについての思いを聞いてみると、「意識するところもありますが、あまり意識しすぎると(マウンド上で)力みになってしまうので……。リラックスして投げられればと思っています」と答えてくれた。雰囲気は今と変わらず、ゴツさはあまり感じないタイプだった。

 技術面では、「課題はコースに投げること。球の威力を殺して低目にというよりは、キレ・スピードを保ったままコースに投げたい。そうすると空振りもとれるので」と自己分析していた。制球力が課題だと言われており、それを本人も自覚しながらも、「長所である球威は失うまい」という姿勢がみられた。実際、春先ながら145キロ前後の馬力のあるボールを投げており、迫力を感じたものだ。

 結局、2010年ドラフトで指名がなかった高木は、その後のドラフトでも吉報が届かなかった

 2010年春に話したとき、そこから4度も指名漏れするなど本人は思っていなかったと思う。筆者もまさか、その投手が4年後に指名されるなど考えすらしなかった。今はアマにいた4年間でもっと話しておけばよかったと、後悔の念にさいなまれている。

 

 週刊野球太郎

 

 スマホマガジン『週刊野球太郎』モンクレール アウトレットは、全国で激戦中の高校野球地方大会を総力特集! 試合観戦のお供に『全国49地区パーフェクト観戦ガイド』や、『野球太郎的推し校』と題し、話題豊富な大阪桐蔭、PL学園、東海大相模、横浜の4校を追います! また『歴代甲子園出場トップ校ダービー』も開催! 松商学園(35回)や北海(35回)など、夏出場最多校の行方をチェック! 『高校野球100年物語』や『高校野球100年・夏の全決勝戦史』も引き続き連載中!

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R