忍者ブログ

コスプレ ハロウィン Big Hero 6を口コミ比較

社会そのほか速

「W7系」一般試乗会 一足早く260キロ体感

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

「W7系」一般試乗会 一足早く260キロ体感

「W7系」一般試乗会 一足早く260キロ体感 3月14日の北陸新幹線開業を前に、新型車両「W7系」の一般試乗会が7日、金沢―長野間(228キロ)で始まった。8日まで計4往復し、倍率77倍の抽選で選ばれた計2800人が乗車する。初日は約1400人が最高時速260キロを体感し、車窓から日本海や立山連峰などの雄大な自然を満喫した。充実した車内設備などの評価も高く、参加者は一様に興奮気味だった。

  7日は、JR金沢駅から午前10時10分発、長野駅から同10時42分発でいずれもW7系が両駅間を往復した。富山駅でのみ1分間停車した。

  このうち、長野駅を出発した便は正午前に金沢駅に到着。折り返して出発するまでの約30分間に、ホームの柱を彩る金箔(きんぱく)や九谷焼、輪島塗などの伝統工芸品が並ぶ中2階の待合室を観賞した。東京都江東区、会社員吉田瑛子さん(32)は「工芸品がきれいに飾られ、おしゃれな駅。もっとゆっくり見たかった」と開業後の再訪に期待した。

  長野で折り返して金沢に戻った地元参加者らは、長野までが一気に近くなったことを実感した様子だった。

  富山市西荒屋、公務員永田賢治さん(41)は「ぐんぐん加速するスピード感がすごかった。(最高時速の)260キロが車内アナウンスで流れた時は気分が盛り上がった」と振り返った。

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R