忍者ブログ

コスプレ ハロウィン Big Hero 6を口コミ比較

社会そのほか速

自民党京都府連、城陽支部長ら除名…運営混乱と

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

自民党京都府連、城陽支部長ら除名…運営混乱と

 自民党京都府連は25日、来春の統一地方選の府議選城陽市選挙区の候補者選考を巡り、城陽支部の運営を混乱させたとして、いずれも同市議の阪部晃啓・支部長、太田健司・総務会長、村田圭一郎・幹事長を除名処分にしたと発表した。

  処分は24日付。

  同選挙区では、今年4月の府議補選で前市議の園崎弘道氏が初当選。府連は、統一地方選での公認は現職を優先する方針を示していたが、阪部市議らは9月、村田市議の公認を求める申請書を提出。しかし、府連は受理せず、園崎府議で公認申請するよう通告したが、阪部市議らは指定の期日までに申請書を出さなかったため、処分対象となった。

  府連の規約では、処分に不服がある場合、10日以内に再審査を請求できるとしている。阪部市議は読売新聞の取材に対し、「指摘を真摯(しんし)に受け止め、反省している。3人とも市民や支持者のために汗をかきたいという思いは変わらないので、再審査をお願いしたい」と話した。

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R