忍者ブログ

コスプレ ハロウィン Big Hero 6を口コミ比較

社会そのほか速

韓国大統領の初訪日をめぐる外交資料を公開、日本側は「歴史問題を反省すべき」と認識していた―韓国メディア

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

韓国大統領の初訪日をめぐる外交資料を公開、日本側は「歴史問題を反省すべき」と認識していた―韓国メディア

 韓国大統領の初訪日をめぐる外交資料を公開、日本側は「歴史問題を反省すべき」と認識していた―韓国メディア

 韓国メディアによると、韓国外交部が30日に公開した外交資料で、1984年に韓国首脳が初めて日本を公式訪問した際、日本側が「天皇陛下が歴史問題で反省を示すべきだ」と考えていたことが分かった。30日付で中国新聞網が伝えた。
 韓国外交部の資料によると、1984年に当時の全斗煥大統領が韓国首脳として初めて日本を公式訪問することが決まり、日韓双方が具体的な日程や首脳会談の議題について協議するなかで、植民統治の「象徴」の責任を負う裕仁天皇が歴史問題でどのような態度を示すべきかに最も大きな関心が寄せられた。
 韓国側が当時、日本側に伝えた立場は「国民感情などを考慮して、天皇陛下が歴史に対する反省を表す必要がある。発言は、晩餐会でのあいさつなど正式な形式にするべきだ」。これに対し、日本も当時、天皇陛下が歴史問題で発言することは必要だが、発言内容自体が外交交渉の対象ではないとの認識を示した。
 裕仁天皇は同年9月6日、全大統領との晩餐会の席で、「今世紀の一時期において、両国の間に不幸な過去が存したことは誠に遺憾であり、再び繰り返されてはならない」と発言した。韓国外交部は過去30年の外交資料をまとめ、公開した。公開された資料1597点の大半は1984年に作成されたものだという。
 (編集翻訳 小豆沢紀子)

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R