忍者ブログ

コスプレ ハロウィン Big Hero 6を口コミ比較

社会そのほか速

長い時間と大金をかけて修理、東日本大震災で津波被害のF-2戦闘機=中国ネットから「戦闘機を直す金はあるのに家を直す金はないの?」と批判

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

長い時間と大金をかけて修理、東日本大震災で津波被害のF-2戦闘機=中国ネットから「戦闘機を直す金はあるのに家を直す金はないの?」と批判

 長い時間と大金をかけて修理、東日本大震災で津波被害のF-2戦闘機=中国ネットから「戦闘機を直す金はあるのに家を直す金はないの?」と批判

 2015年4月23日、中国メディアの新浪が、2011年の東日本大震災で津波被害により破損したF-2戦闘機の修理が終わり、最初の機体が航空自衛隊に納入されたと伝えた。
 
 【その他の写真】
 
 新浪は、「4年の歳月と3億元(約60億円)を超える費用をかけて修理したF-2戦闘機が4月21日、航空自衛隊に納入された。2011年3月11日の大地震後、航空自衛隊松島基地は津波被害に遭い、18機のF-2が損壊した。日本は2017年までに13機を修理したいとしている」と伝えた。
 
 このニュースが中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で伝えられると、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。
 
 「新しいのが買えるんじゃないか?」
 「新しい機種を買った方がいいと思う」
 「修理の必要があったんだろうか。新しい戦闘機を買った方が早いよな」
 
 「3億元って、殲-11と同じ位の値段だな。殲-10なら2機買えそうだ」
 「コストパフォーマンスが最も悪い戦闘機だな」
 「戦闘機を直すお金はあるのに家を直すお金はないのか。体制に問題ありだな」
 
 「あれだけ破損して直せたというのはすごい。でも家の修理はどこまで進んだのかな?」
 「民主国家の模範ですね!お金はあるけど、民衆は体育館で集団生活を送らせ続けるということですか?」
 「津波の破壊力ってすごいな」
 
 「ゆっくりと修理したらいいさ。修理が終わるころにまた津波が来るから」
 「津波警報の後に飛ぶ時間がなかったなんて、ダメダメだな」(翻訳・編集/山中)

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R