忍者ブログ

コスプレ ハロウィン Big Hero 6を口コミ比較

社会そのほか速

迫る銃声、息潜めた4時間…テロ生還ツアー客

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

迫る銃声、息潜めた4時間…テロ生還ツアー客

迫る銃声、息潜めた4時間…テロ生還ツアー客

【チュニス=青木佐知子、バルセロナ(スペイン東部)=石黒穣】チュニジアの博物館銃撃テロ事件の犠牲者と同じツアーに参加していた観光客が20日、クルーズ船「MSCスプレンディダ」でバルセロナ港に到着した。

 乗客の一人でバルセロナ在住の女性ガリナ・ブロンスキブさんが、恐怖の体験を語った。

 ガリナさんは娘のビクトリアさんと2人でクルーズに参加し、事件に遭遇した。観光バスが博物館の前で止まり、乗客が降り始めた時に遠くで爆竹のような音を聞いた。

 「何だろうと思っていたら、だんだん近づいてきた。ガラスが割れて、バスの中で何かが飛び散った」

 「とにかく脱出しなければ」と考え、娘と一緒にバスから飛び出した。2人の乗客が昇降口の階段にもたれかかり、頭と胸から血を流していた。

 バスから出ると、迷彩服の2人組が銃を撃っているのが見えた。あたりには何もないので隠れる場所を探して博物館に向かい、奥の部屋に隠れた。

 約4時間後、「警察が来てくれて、助かったことがわかった」という。

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R