忍者ブログ

コスプレ ハロウィン Big Hero 6を口コミ比較

社会そのほか速

米女優A・ジョリーさん、卵巣も除去=がんリスク恐れ決断

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

米女優A・ジョリーさん、卵巣も除去=がんリスク恐れ決断

 米女優A・ジョリーさん、卵巣も除去=がんリスク恐れ決断

  米女優アンジェリーナ・ジョリーさん=2013年6月、ロンドン(AFP=時事)

   米女優アンジェリーナ・ジョリーさん(39)が24日付の米紙ニューヨーク・タイムズに寄稿し、がんになるリスクが高いため、予防的措置として卵巣と卵管を除去したと公表した。ジョリーさんは2年前にも、同様の理由で乳房を切除する手術を受けた。
  ジョリーさんは、母、祖母、おばをがんで亡くしている。乳房切除を公表した際、遺伝子検査で、乳がんになるリスクが87%、卵巣がんになるリスクが50%あることが分かったと説明していた。
  現時点で卵巣がんは見つかっていないが、複数の医師は、卵巣の除去が「最良の選択」との見解を示した。さらに、家族ががんになった年齢より10歳程度若い時期に手術を受けるべきだと勧められたと説明した。
  ジョリーさんは「わたしは今後、子供を産むことはできないし、肉体的な変化も予期しているが、何が起ころうとも落ち着いている」とした上で、「それはわたしが強いからではなく、このことは人生の一部だからだ。恐れることはない」と強調した。

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R