忍者ブログ

コスプレ ハロウィン Big Hero 6を口コミ比較

社会そのほか速

中国の百貨店、閉鎖相次ぐ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

中国の百貨店、閉鎖相次ぐ

 中国の百貨店、閉鎖相次ぐ

 今年に入って天津や北京で百貨店閉鎖の動きが出ている。天津で16年営業を続けてきた津楽匯百貨はテナント契約の更新期を機に、天津市場から撤退する可能性がある。RET睿意徳中国商業地産研究所によると、昨年以降、大手百貨店チェーンの閉店数(確定含む)は38にのぼるという。4月13日、中華工商時報が伝えた。
 店舗閉鎖数が最も多いのは、百盛百貨と馬莎百貨でそれぞれ五店。イトーヨーカドーが4店で続いた。王府井百貨、中都百貨、NOVO百貨、宝莱百貨なども二、三級都市で閉店の動きがある。北京、杭州、青島、天津でも閉鎖が相次いでいる。
 業界の専門家は「外国のケースを見ると、百貨店淘汰の動きは今後さらに加速するだろう。商品や経営モデルの同質化で、価格競争による消耗戦が激しくなっており、利益率の悪化ひいては赤字経営も常態化している。テナント料、人件費の上昇も経営に響いている。また、ネットショップの攻勢で、百貨店は購入前に商品を見る場になりつつある」と分析した。
 RET睿意徳中国商業地産研究所は「百貨店の以前の競争力は商品の充実度だったが、今は市場や消費者のニーズを把握できるかにかかっている」と指摘している。
 日本の専門家は「日本の百貨店も同様の状況にある。百貨店は消費者との関係を強化しなければならない」と述べた。
 (編集翻訳 浦上早苗)

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R