忍者ブログ

コスプレ ハロウィン Big Hero 6を口コミ比較

社会そのほか速

中国の懲りない慈善家・・・氷風呂に入るパフォーマンス、「実はお湯を入れてました」と白状

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

中国の懲りない慈善家・・・氷風呂に入るパフォーマンス、「実はお湯を入れてました」と白状

 中国の懲りない慈善家・・・氷風呂に入るパフォーマンス、「実はお湯を入れてました」と白状

 事業に成功して巨額の富を――。正当な方法で金持ちになることに問題はない。慈善活動を繰り返す――。よいことだ。自らの慈善活動を派手に宣伝する――。価値観の問題だろう。氷風呂につかってみせて、同じことをしたら多額の寄付と表明。これはやりすぎ。医学関係者に危険な行為と非難されると「実はお湯でした」と白状――。論外。陳光標氏は中国の「懲りない慈善家」だ。
 
  陳氏はこれまでに何度も「騒ぎの原因」になっている。2012年に北京市内で自転車2000台をプレゼントした際には、大量の市民が「それっ」と殺到して大混乱になった。
 
  2014年6月には、米ニューヨークで「恵まれないホームレスを招待するランチパーティー」を企画。ただし現地警察の反対で当初予定の「700人招待」を250人に縮小。「参加者に300ドル進呈」のアイデアは、現地支援組織の「好ましくない」と反対して取りやめた。
 
  その後、陳氏は国連からさまざまな慈善事業が評価されて“表彰”された。ところが、これが「ペテンに引っかかった」と判明。公開された表彰状の「英語のつづりが間違っていた」ことで露見した。陳氏は表彰を“仲介”した人物に大量の金を支払っていた。
 
  そんな陳氏が2014年8月、派手なパフォーマンスを行った。大きなプラスチック容器に氷水を入れ、肩までつかってみせた。頭の上から追加の氷水がかけられた。口をぎゅっと閉じ、耐える陳氏。つらそうだ。30分後に「氷風呂」から出た陳氏は、「私以上の時間、同じように耐えた人がいたら、100万元(約1947万円)を寄付します」と宣言した。
 
  医学の専門家として黙っていられなかった人がいる。湖南省性保険研究所所長の文徳元教授だ。文教授は9月、実験用のマウスを5分間、氷水にひたす実験を公開。文教授はマウスの精嚢が凍結していたことを示し、パフォーマンスが本当ならば、「陳氏は生殖機能を喪失したはずだ」と主張した。
 
  「ウソか本当か?」――。ネットでは議論が続いた。そして「氷風呂」の動画を観察し、「おかしい」という声が増えだした。氷の溶けるのが速すぎるとの指摘だった。
 
  3月になり、陳氏はとうとう取材に対して“白状”した。「容器の中に最初、摂氏50度程度のお湯を半分ぐらい入れておきました」という。そこにつかってから、上から氷水を大量に入れた。陳氏によると、最初に入った時にはがまんできないほど熱く、太ももがやけどで赤くなってしまったという。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R