忍者ブログ

コスプレ ハロウィン Big Hero 6を口コミ比較

社会そのほか速

「化粧した女性軍人やカッコつけた男性兵士なんかいるものか!」、軍機関紙が低俗な戦争映画や抗日ドラマを痛烈批判―中国

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

「化粧した女性軍人やカッコつけた男性兵士なんかいるものか!」、軍機関紙が低俗な戦争映画や抗日ドラマを痛烈批判―中国

 「化粧した女性軍人やカッコつけた男性兵士なんかいるものか!」、軍機関紙が低俗な戦争映画や抗日ドラマを痛烈批判―中国

 2015年3月22日、中国人民解放軍の機関紙・解放軍報は「低俗な戦争文芸作品、化粧した女性兵士にカッコつけた男性兵士」と題した記事を掲載した。
 
 【その他の写真】
 
 中国で戦争文芸作品といえば、歴史や現実を忠実に再現し、過酷な訓練に耐える兵士たちの姿を反映したものが多かった。こうした作品には軍隊にパワーと戦闘力アップをもたらす効果があった。
 
 しかし、最近の映画やドラマを見ると、一部の作品に低俗さが目立つ。完璧に化粧した女性軍人やイケメン気取りの男性兵士が登場し、まるで外国のメロドラマのような内容だ。そこには硝煙のにおいはなく、あるのは脂粉の香りばかり。軍隊や戦史に対する基礎知識すら感じられず、ただ盲目的に兵士たちを神格化している。こんな作品で現実の兵士たちを鼓舞し、勇気づけることができるだろうか。
 
 革命戦史や抗日戦史に対する理解不足だけでなく、兵士たちの現実の部隊生活についても表層部分しか知ろうとしない。時代考証もいいかげんで、役者たちは過去の時代の衣装を着ながら、その話し言葉やしぐさはすべて今のものだ。制作者側のこうした姿勢が荒唐無稽な作品を生む原因になっているといえよう。(翻訳・編集/本郷)

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R