忍者ブログ

コスプレ ハロウィン Big Hero 6を口コミ比較

社会そのほか速

江戸中期の山岳民家、修理完了…東京・檜原

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

江戸中期の山岳民家、修理完了…東京・檜原

 江戸中期の山岳民家、修理完了…東京・檜原

 東京都檜原村にある国指定重要文化財「小林家住宅」の保存修理が完了した。

  修理を機に観光客を呼び込もうと、管理棟やトイレ、小型のモノレール(乗客定員8人)なども整備。5月31日の落成式後に正式オープンとなるが、現在も山道を歩いて登れば見学することができる。

  村教育委員会によると、小林家住宅は江戸時代中期(18世紀前半)、標高750メートルの尾根筋に建てられた入り母屋造りの山岳民家。小林家はこの地域で代々、組頭を務めた家柄で、養蚕などで生計を立てていた。

  保存修理では、老朽化が進んだ住宅を解体し、屋根はトタンからかやぶきにふき替えるなどし、入り母屋造りの屋根に戻して復元した。展望デッキを備えた管理棟などのほか、工事用モノレールを活用し、山道を登るのが難しい人にも訪れてもらえるように、延長405メートルのモノレールも整備した。

  修理は2011年12月に始まり、周辺整備を含めて今年3月に完成。総事業費は約3億7000万円。藤倉バス停や駐車場のあるモノレール発着場所から徒歩25~35分の場所にある。見学時間は午前10時~午後4時(11月~3月は午後3時まで)。

  住宅周辺にはツツジが植えられており、見頃を迎えている。モノレールが利用できるのはオープン後で、利用には村教委への事前予約が必要となる。

  問い合わせは村教委(042・598・1011)へ。

PR

コメント

プロフィール

HN:
社会そのほか速
性別:
非公開

P R